旅行は出会い・ゲイやゲイカップルが楽しめるオススメ旅行プラン

コラム

ゲイにおすすめの旅行先・旅行プラン!

はじめに

ゲイも旅行が大好き。
でもせっかく行くならゲイであることによってさらに楽しくなるような場所を旅行してみたいと思いませんか?

別に1人だっていいじゃないですか。
もうパートナーがいる人なら2人でイチャイチャするもよし、1人なら出会いを求めて行動を起こすもよし、どちらにとっても旅はきっと素敵な思い出になるはずです!

そんな感じでゲイにおすすめの旅行スポットやプランをご紹介してみます!

新宿二丁目

新宿

まずは国内で世界有数のゲイタウンとしても知られる新宿二丁目。
地下鉄新宿三丁目駅から東側のエリア一体がそれです。

このエリアには何百店ものLGBT向けのお店が存在し、ストレートな人や女性でも入店できるミックス系のハードルの低いお店から会員制のお店まで色々なタイプのお店が軒を連ねる場所で、外国人のお客さんも多いです。

おすすめスポットはもう街全体と言っていいと思います。
今では昔より観光地化が進んで入りやすいお店も増えているのでストレートな人も結構見かけます。

あと新宿二丁目は昼間に来ても開いているお店はチラホラありますが、基本的にはオフィス街な感じなので訪れるならやっぱり夜がおすすめです。

ハワイ

ハワイ

ゲイにも人気の旅行先がハワイ!
ゆっくりとした時間の流れで日々の忙しさを忘れさせてくれる旅行先としてハワイは年齢性別問わず人気のリゾート地ですが、ゲイにとって魅力はそれだけではありません。

ちなみにハワイとゲイと言えば個人的に「ホノカアボーイ」という映画で喜味こいしさん演じるコイチという登場人物が「同性愛」とでっかく書かれたTシャツを着ていたことを思い出してしまいます。

で、まずはゲイ的にハワイで有名なのはゲイの集まるゲイビーチとして有名なワイキキの「クイーンズビーチ」。
場所はワイキキビーチを南下してホノルル動物園を過ぎた先でカピオラニパークの中です。

ここはとにかく男が多くて揃いも揃って肉体美をこれでもかと言わんばかりに見せつけてくれるマッチョ揃い。
カップルも一人で来ている人も多くてゲイのデートスポットとしても、相手を探す出会いの場所としても最高。
ビーチではなく、そばにある芝生の上でくつろいだり談笑しているゲイも多いです。
ハワイなので日本人のゲイもちょいちょいいたりします。
全体的に年齢層的にはちょっと高めの印象です。

次に定番ですがゲイバー。
ハワイはゲイに寛容な土地柄からかゲイバーが結構多いです。
特に有名な所はワイキキグランドホテルの2階にある「Hula’s Bar & Lei Stand」というお店。
ゲイバーではありますが女性やノンケの方の入店もできるというミックススタイル。
ロケーションがビーチのそばなので景観も最高です。

他にもクヒオ通りにある「Fusion Waikiki」というお店はダンスフロアもあってゲイに人気。
「Hula’s Bar & Lei Stand」から「Fusion Waikiki」という流れも定番みたいです。

台湾

台湾

お手軽に行ける近場の海外旅行として人気なのが台湾。
さらに台湾は親日国家でもあるので日本人はとても歓迎される傾向にあります。

そんな台湾の観光スポットといえばやっぱり台北。
その中でも特にゲイにおすすめなのが「西門町」です。
西門町といえばホテルやゲストハウスなどが多い宿泊スポットとしても有名な場所ですが、実はここは台湾最大のゲイタウンとしても名高い地域。

とはいっても街の感じは怪しい雰囲気もなくかなり日本の都会に近いのでかなり親しみやすいです。
西門町は買い物を楽しむ若者が多い街ですが、そういった人々で賑わう反対側のエリアがレインボーな看板やマッチョな男の写真があちこちに目につくゲイスポット。

特にレンガ造りの建築で目立つ「西門紅樓」と呼ばれる観光スポット周辺はゲイ向けのアパレルショップやゲイバーやカフェなどが立ち並ぶおすすめエリア。
あまりにも堂々とLGBTを謳っているのでそのオープンさにちょっと羨ましくなってしまうぐらい。
この辺はデートしているゲイのカップルも多いです。

またこの辺りにはショッピングやナイトスポット以外にもレインボーの看板や装飾を掲げたゲイ向けのホテルもあり、カップルはもちろん1人旅の場合でも出会いの場としておすすめです。
ロビーでなんとなく話が合ってそのまま…とかあるかも!

ちなみに台湾は同性婚が認められているアジアの中でもLGBT先進国と言っていい国になっています。

タイ(バンコク)

バンコク

アジアの中でゲイに寛容な国と言えばタイ!

そういうイメージのタイですが、実際のところはゲイやLGBTの人への制度や法律が特に何かあるというわけでもありません。
それでもその空気感からかゲイ人口もLGBTの旅行者も多い国として有名です。

そのバンコク最大のゲイタウンがシーロム。
特にパッポン通りという場所はゲイバーやゲイクラブが目白押しで、あちこちでパンツ一枚で踊りまくる男たちの素晴らしいショーを見ることができます。

この周辺にはゲイ向けのマッサージ店も多く、1人旅の場合でも大丈夫。
システム的にはマッサージメインでその先はオプションののお店と最初から抜きメインのお店の二種類があります。

またこのシーロムの近くにはバビロンサウナという世界的にも有名なハッテン場があります。
以前にテレビ番組「クレイジージャーニー」でも取り上げられたことがあるので一度は耳にしたことがある人もいるかも。
最寄りはMRTルンピニ駅になります。

中はその辺のサウナとは全然違うリゾート感溢れる作りでかなりラグジュアリー。
ゲイの聖地として様々な国からゲイが訪れるため店内は国際色が豊かです。
またここはサウナだけではなくプールやジムやレストランも併設されているので色々な楽しみ方ができるスポット。
月に何回かイベントも行われているようなのでタイミングを合わせていけば最高です。

タイは食べ物も美味しいし観光地もたくさんあるのでゲイスポット以外でもかなりおすすめ!

まとめ

まとめ

いかがだったでしょうか?
この他にも世界にはゲイタウンと呼ばれるスポットはたくさんあるんですが割と行きやすい日本から近い場所で選んでみました。

国内でゲイ的な場所というと有名なのは新宿二丁目ぐらいになってしまうのでどうしても海外が中心になっちゃいますね。
滞在先など旅先で出会った人と仲良くなって連絡先を交換して交流が始まったり、そのうち付き合ったりということも十分ありえるんで海外1人旅も絶対楽しいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました