同性愛者でも楽しめる?ゲイ向けBL漫画の紹介

コラム

同性愛者でも楽しめる?ゲイ向けBL漫画5選!

はじめに

ゲイの世界を手っ取り早く垣間見るにはなんといってもBL漫画が最適!
ゲイならば共感できることも多いし、ゲイでなければ同性愛に対する理解も深まること間違いなし。

もし本屋で買うのに抵抗があるのであれば今なら電子書籍という手もあるのでお手軽です。
そんなゲイであってもなくても楽しめるBL漫画をいくつか紹介してみたいと思います!

ニューヨーク・ニューヨーク

ニューヨーク・ニューヨーク

  • 作者:羅川真里茂
  • 出版社:白泉社

作者は「ましろのおと」で知られる羅川真里茂先生。

同性愛者のケインはニューヨーク市警に勤める警察官。
マンハッタンのゲイが集まる地域で一夜限りの相手を探し続ける日々を送っていた。
そんなケインはある日何気なく訪れたバーでメルという理想的な美しい青年と運命的な出会いを果たす。

両親の愛情を惜しみなく注がれ育てられたケインとは逆に愛情に飢えたまま育ったメル。
ケインは世間体を考え自分がゲイであることを隠したまま生活するが、メルはそんなことは気にせずゲイであることを隠そうともしない。
この対照的な二人のニューヨーカーが時にはぶつかり、傷付きながらもお互いの絆を深めていく。

NYのゲイ事情やそれにまつわるエイズ問題、親へカミングアウトすることの難しさ、そしてそれを素直に受け入れることのできない親の葛藤などゲイであれば誰もが抱える悩みもリアルに描かれています。

様々な困難を乗り越えながら愛を育み、愛を誓う二人。
衝撃的な展開もありさらにそれさえも乗り越えていくケインとメルの愛とヒューマニズムに溢れたラブストーリーは感動です。

スメルズ ライク グリーン スピリット

スメルズライクグリーンスピリット

  • 作者:永井三郎
  • 出版社:ふゅーじょんぷろだくと

スーパーまで車で20分、電車が一時間に一本という見渡す限りの山に囲まれたド田舎で暮らす学生の三島は同じクラスの男子から「ホモっぽい」といういじめを受けていた。
しかし実際に三島は本当に男性が好きだった。

そんな三島の唯一とも言える趣味は家族が寝静まった夜中に女装すること。
ある日三島は母親からこっそり貸りた口紅を返すのを忘れ、さらにそれを失くしてしまう。

そんな中自分をいじめるグループのリーダーである桐野を学校の屋上で見た三島。
桐野は三島が失くしてしまった口紅を持っていてさらにそれを自分の唇に塗ろうとしていたのだった…。

同性愛というシリアスなテーマでありながらもギャグを織り交ぜ、いじめのシーンなども三島のキャラのおかげでそれほど痛々しくもなく、気軽に読み進めることができます。
キャラの性格や役割分担もしっかりしていてわかりやすい。
単なる桐野と三島のBLに終わらない展開も面白いです。

是非Side-A(一巻)とSide-B(二巻)の両方を勢いに任せて一気読みしてもらいたい作品です。

同級生

同級生

  • 作者:中村明日美子
  • 出版社:茜新社

クラスメイトと共に学校での合唱祭に向けた練習をしていた草壁。
ところが草壁は佐条が口パクだけで歌っていないことに気付く。
草壁はバンド活動も行っていて制服も着崩しているが、眼鏡をかけた佐条は見るからに優等生風。
佐条は歌に興味がないと思っていた草壁だったがある日誰もいない教室で佐条が一人、ひたむきに歌の練習をしているところを見かけ思わず声をかける。

それから二人で過ごす時間が増えていく草壁と佐条。
少しづつ惹かれ合っていく二人は合唱祭の日、ついに唇を重ね付き合うことになっていく。

中村明日美子の個性的な絵で青春真っ只中の高校生を瑞々しく描いた名作BL漫画。
揺れる思春期特有の気持ちやじれったさ、甘酸っぱさなどがわかりやすいストーリーの中に散りばめられています。
10年以上経ってもファンが多く、この作品をきっかけにBL漫画にハマったという女子も多いみたいです。

アニメ化もされていてこちらも評価が高い作品となっているのでアニメから入るのもありだと思います。

窮鼠はチーズの夢を見る

窮鼠はチーズの夢を見る

  • 作者:水城せとな
  • 出版社:小学館

サラリーマンの恭一はある日、大学の後輩である今ヶ瀬渉と七年ぶりに再会した。
恭一は妻がいるのだが女性関係にだらしがなく、相手に言い寄られると断りきれず安易に浮気や不倫を繰り返していた。
再会した今ヶ瀬は興信所に勤めていて、偶然にも恭一の妻の知佳子からの依頼である浮気調査をその時請け負っていたのだった。

大学時代から恭一のことを想っていたという今ヶ瀬。
浮気の事実を隠す代わりに今ヶ瀬からカラダの関係を要求される恭一。
不倫調査は隠せたものの既に恭一との関係が冷え切っていた知佳子と恭一は結局離婚してしまう。
その後、独身となった恭一の部屋に今ヶ瀬は入り浸っていく。

ノンケの男性とゲイの男性の恋愛感情、葛藤と駆け引きが何とも切なく楽しめて考えさせられる名作BL漫画です。
一途な恋心と純粋で上質なラブストーリーはBLが苦手な人でも引き込まれること間違いなし。

2020年には関ジャニ∞の大倉忠義主演での映画の公開も決定しているのでこれを機に読んでみてはいかがでしょうか。

花は咲くか

花は咲くか

  • 作者:日高ショーコ
  • 出版社:幻冬舎

広告代理店勤務の桜井は仕事に疲れた帰り道、駅で美大生の蓉一とぶつかってしまう。
その時に仕事の資料である写真集が汚れてダメになり、同じものを持っているという蓉一の自宅を桜井は訪れる。
蓉一の自宅は屋敷林に囲まれた古くて広い趣のある一軒家だった。

桜井に対してひたすら無愛想に接する蓉一ではあったがその家を気に入った桜井は度々蓉一の元を訪れるようになっていく。

感情が豊かな桜井と不愛想な蓉一という対照的な二人。
同じ時間を過ごすことで蓉一も桜井に影響され色々な表情が出てくるのが面白いです。
ストーリー的に派手な展開はありませんが、豊かな心理描写でゆっくりと二人の距離が近づき育っていく物語はかなり引き込まれます。

あと日高ショーコ先生の絵がとにかく綺麗。
2018年には渡邊剣の主演で映画も公開されて話題を呼びました。

まとめ

まとめ

いかがだったでしょうか。
巷で名作と言われる作品を中心に紹介してみました。

BL漫画とかなかなか手に取る機会はないかもしれませんが読んでみたらなかなか面白い作品がたくさん。
BLの一言で片づけてしまうにはちょっともったいない感じもします。
電子書籍で少しだけなら試し読みもできるので気になった方はそこから入ってみるのもいいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました