ゲイの人が感じるセックスアピール、誘いたいならここに注意しろ!

コラム

ゲイがセックスアピールを感じる部分とは!?

はじめに

セックスアピールというのは直訳すると性的な魅力。
例えば女性であれば身体のラインだったり髪型だったり匂いだったりが男性に対するセックスアピールになります。

では男性対男性のゲイであればどうなんでしょうか?
ゲイがゲイに対してセックスアピールを感じる部分はどこかを紹介してみたいと思います!

手のひら~腕

腕

腕というのは男性の力強さがわかりやすく表れるパーツです。
ガッチリとした逞しさ、さらにそれに血管でも浮き出てようものなら「この腕に抱かれたい!」「この腕に守られたい!」と思ってしまうこと間違いなし。

ドアを開ける腕、ハンドルを握る腕、電車の吊り革を握る腕、そんなガッチリ逞しい腕が躍動する瞬間は特に興奮する瞬間です。
血管については手のひらの血管もタフな男性を想像させるので人気のパーツ。

というのが一般的な傾向ですが、細い腕の男性を「自分が守ってあげたい!」という逆のパターンも少数派ですが存在します。

上腕二頭筋

上腕二頭筋

上腕二頭筋、いわゆる力こぶ。
ゲイにも女性にも大人気のパーツがここです。

筋トレをちゃんとしている人の上腕二頭筋は本当に逞しくて魅力的でどうしても最初に目が行ってしまいます。
ピチピチのTシャツからはみ出たはち切れんばかりのパンパンの筋肉、この腕にギュッと抱き締められたらどれだけ気持ちいいんだろうかと妄想が止まりません。
特に夏場はその魅力的な筋肉が汗で光ってテカったりするのでさらに魅力四割増し。

もう一つ、この力こぶの裏側辺りにある上腕三頭筋と呼ばれる筋の部分も男らしさアピールの隠れパーツ。
上腕二頭筋が魅力的な男性にはなんとかそれを堪能するために腕組みをするように仕向けていきたいものです。

背中

背中

背中というのは大きければ大きいほど信頼感や頼もしさ、安心感を感じることができます。
「背中で語る」という言葉があるように「この人についていきたい」「この背中に守られたい」そう思わせてくれるのが男性の背中というパーツ。

そして背中は他の身体のパーツと違って自分は相手の後ろにいるので、じっくり眺めることができるというのも素敵なポイント。
他のパーツだとどれだけ自分の性癖に刺さってもあんまりジロジロって見つめにくいですからね。
力強く隆起した肩甲骨も魅力的なパーツの一つ。

大きな幹のような太い背骨の通ったピンと張った背中は後ろから思わず抱きつきたくなります。

胸板

胸板

毎日筋トレをしている人の胸板というのも魅力的で包容力を感じさせてくれるパーツ。
着ている服がピチピチであればあるほど最高で、両腕でギュッと抱き締められてこの胸の中で窒息してしまいたいと思ってしまいます。

膨らんだ胸板というのは場所的に裸を想像してしまうという効果もあり、性的な妄想も膨らむパーツ。
「この胸板に押し倒されてみたい…」とベッドシーンまで妄想してドキドキしてしまうという人も多いです。

他にも背中と同じく「頼りがいがある」「全て受け止めてくれる」といった重厚感溢れるイメージもあって好きな人が多いのが胸板です。
胸板アピールのファッション的には筋肉がくっきりと出るピチピチのTシャツや少し胸元の開いたポロシャツなどが最高です。

首

太くて逞しい首というのもやっぱり「頼りがい」を感じさせてくれるパーツの一つ。
荒々しく浮き出た血管、出っ張った喉ぼとけ、短い髪と服の隙間から覗くうなじなど、意外に首のフェティシズムは細分化されています。

他にも首の付け根の鎖骨というのも男の色気を感じさせてくれるパーツの一つです。

少し開いたシャツの胸元から覗く骨ばった鎖骨とかもう最高にセクシー。
思わず手を伸ばしてコリコリして感触を確かめたくなってしまいますね。
夏場汗ばんでいたりいい匂いでもしようものならもう終わりです。

お尻

お尻

キュッと引き締まって上がったお尻、魅力的ですよね。
プリッとしたかわいらしさだったり、ガッチリ筋肉質な逞しさだったり魅力は人それぞれですがその人の後ろに立った時には背中と並んで思わず目が行ってしまう部分です。

特にゲイの場合はお尻は性的な部分でも重要なパーツであるので、セックスを妄想してお尻が気になってしまうという人は多いです。

他にもお尻というのはなかなか思うようにいきにくい身体のパーツでもあります。
ということはお尻が引き締まっているという人は他の部分も引き締まっていてかっこいいということも言えるんです。

汗の匂い

汗

一見マイナスになりそうな汗の匂いというのも実はセックスアピールになることがあります。
ポイントは「臭い」ではなく「匂い」ということ。

「臭い」では文字通りただ汗臭いだけ。
「匂い」であるためにはちゃんと身だしなみの行き届いた男性であることが大前提です。
そんな男性の身体からのほんのり感じる薄っすら汗ばんだ汗の「匂い」というのはフェロモンたっぷり。
ここに男らしさを感じてときめいてしまうゲイも結構います。

香水の匂い

香水

身体の「匂い」というのはやはり効果的なセックスアピール。
香水の匂いというのはシンプルですが、やっぱりセクシーさを感じて性的な気分にさせてくれます。
付けるだけでいいので筋肉とかと違って誰でもすぐできるのもいい所ですね。

それでも付けすぎて匂いがきつすぎると逆効果になるので量には注意。
香水の匂いは付けている自分が感じる以上に相手は感じます。

付ける量的には「明らかに匂う」よりも「ほんのり感じる」ぐらいが丁度いいくらいで、むしろそのぐらいの量の方が相手は意識的に匂いを嗅いでくれるのでこちらの思うツボです。

ふくらはぎ

ふくらはぎ

ふくらはぎは普段は見えないことが多いですが夏場は短パンを履いたりするのでアピールポイント。
ジムなど肌を露出する機会のある場所以外では基本的に夏場しかお目にかかることが少ないので、思わず目が行きがちな身体のパーツです。

鍛え上げられてパンパンに膨らんだ力強いふくらはぎは特別筋トレをしていなくても、自転車によく乗っている男性ならガッチリしている人もいます。
脚は全身を支える部位でもあるので、そこが力強いということはこれまたやはり男性の雄々しさをアピールするポイントになります。

まとめ

まとめ

いかがだったでしょうか。

やっぱりポイントは「男らしさ」ということで筋肉と関係したものが多い!笑
それと性別問わず「胸」「尻」「脚」はセックスアピールとして色気を感じる人が多いということですね。

自分が見てしまう場所というのは相手も見ているということが言えるので、せっかくの出会いを逃さないためにも意識してみるといいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました