奇麗なゲイになる為のお手入れとかコンディショニングとか注意点とかの紹介

コラム

今よりもっとモテるためのお手入れやスキンケア方法を紹介!

はじめに

出会いの機会が異性愛者より圧倒的に少ないゲイにとって出会いはとても大事。

そしてそんなせっかくの出会いをモノにするためにも外見的なケアやコンディショニングは「モテ」のためには必須事項とも言えます。
そういった美容的なお手入れは身近な女子に聞けば手っとり早かったりしますが、カミングアウトしてなかったり、身近に手ごろな女子がいない場合もあります。

そんなゲイのために今よりもっと綺麗に、大人の色気を醸し出せるようにお肌などのお手入れ方法をあれこれ紹介してみたいと思います!

まずは基本の洗顔から

洗顔

まずはスキンケアの基本、洗顔です。
顔は外出しなくても皮脂や様々な汚れが付着します。

水をバシャーッと出して顔をゴシゴシゴシゴシ!みたいな男らしい洗顔もいいですが、よりお肌にいい洗顔のやり方も押さえておきましょう。

まずは顔を洗うための手を綺麗に洗うこと。
それから洗顔料を2~3センチほど手に取り、水を混ぜてしっかり泡立てます。

しっかり泡立てることによって顔を直接擦らなくて済むのとしっかり顔の細部まで泡を行き渡らせることができます。
洗い方は上下にゴシゴシ動かすのではなく、円を描くような感じで優しく。

そうするとどうしても頬っぺたやおでこの辺りばかり洗うようになってしまいがちですが、鼻の横や目と目の間などの汚れが溜まりやすく、にきびもできやすい部分も意識してしっかり洗うようにしましょう。

面倒くさくなければ洗顔料を付けて洗う前に一度軽く汚れを落とす感じで洗い流してから行えば完璧です。

洗顔後の保湿も大事

保湿

洗顔後は保湿などのケアもしっかりやっておけば怖いものなしです。
特に乾燥しやすい冬場は重要。

保湿に必要な物は化粧水と美容液と乳液。
特にこだわりがなければ最近は百均も物でも優秀なので全然大丈夫です。

お肌に付ける順番は化粧水→美容液→乳液。
この順番を守らないと保湿効果が発揮できないのでここは必ず守りましょう。

三回もやるのがめんどくさい!という方はこの三つを一気に済ますことのできるオールインワンタイプの物もあるのでそちらを使うのもいいと思います。

化粧水の付け方

化粧水

ますは化粧水。
500円玉ぐらいの量を手に取りペタペタと叩くように肌に付けていきます。
擦りつけないように優しく顔全体に馴染ませる感じでやりましょう。
コットンはなくても基本的に指塗りで大丈夫です。

美容液の付け方

美容液

まずは適量を手に取ります。
適量については美容液によって違うので商品を確認しておきましょう。

手に取った美容液を頬、おでこ、鼻や顎などに付け、指の腹を使ってしっかり馴染ませていきます。

乳液の付け方

乳液

最後に乳液で締めです。
乳液を最後に付けることで化粧水や美容液で肌に与えた保湿成分を閉じ込める効果があります。

付け方は適量を手に取り顔全体に馴染ませるように塗っていきます。
乳液は他の二つよりも油分があるため、あまり出し過ぎないように注意。
おでこや鼻など皮脂でテカりやすい部分には少なめに、それ以外のカサつきがちな部分には少し多めに塗り込んでいくのが付け方のポイントです。

鼻毛のお手入れ

鼻毛

ついうっかり忘れがちになってしまうのが鼻毛。

「鼻毛出てるよ」なんてまあまあ親しい相手でないと指摘されないので気付いた時にはかなり恥ずかしいです。
しかもそんな時に限って他のお手入れは完璧で、浮かれて練り歩いていたというパターンもありがち。

そんなことにならないためにも鼻毛も時々意識してお手入れしておきましょう。
手っとり早いのが電動の鼻毛カッター(エチケットカッター)です。
これさえ持ち歩いていれば出先で気付いた時でもお手入れできるのが強み。

お手入れ方法は百均でも売っている先っぽの丸い鼻毛カット用のハサミを使ってのカットが基本。
他にもピンセットや毛抜きを使って一本一本抜くという方法もありますが、こちらはちょっと痛いので涙が出ます。

頻度的には鼻毛は伸びるのが遅いので週一回程度で十分だと思います。

眉毛のカット

眉毛

眉毛のお手入れもイケメンは必ず行っています。
ボサボサだった眉毛をきちんと整えることで想像以上に顔が引き締まって見えるので、お手入れは日常的に行うのがおすすめ!

ですが眉毛カットは失敗すると修正が効かないので、自分でやるのが怖いという方は美容室などでやってもらうという方法もありです。
失敗した時は修正しよう修正しようと頑張れば頑張るほど、ほとんどの場合泥沼化していきます。
なので、慣れてくるまではとにかくあんまり攻めすぎないのが大事。

自分で行う場合に基本的に必要な物は「眉毛カット用ハサミ」、「毛抜き」、「眉毛用コーム」、「アイブローペンシル」、「眉毛用シェーバー」または「眉毛用カミソリ」です。

眉毛のお手入れ方法

カット

①まずは「アイブローペンシル」を使って理想の眉毛の形をペンで書きます。

②ペンで書いた理想のラインから外れた不要な部分をカットします。
最後にシェーバーやカミソリで整えるのでとりあえずざっくりでOK。
セルフカットを失敗するとすればこのステップなので、処理しすぎないように少しづつ確認しながら慎重に行うのがポイントです。

③「眉毛用コーム」を使って眉毛を下に向けて梳かし、コームからはみ出た部分の毛を「眉毛カット用ハサミ」を使ってカットしていきます。

④一通りカットが終わったら「毛抜き」や「眉毛用シェーバー」「眉毛用カミソリ」などを使ってペンで書いたラインの外側にある②でカットした後の毛を丁寧に処理していきます。

まとめ

まとめ

いかがだったでしょうか。

出会いはとにかく第一印象が大事。
スキンケアは無理してやる必要はありませんが、ここ一番のためにやり方は知っておくと役に立ちます。
男性の肌は乾燥しやすく、毎日の髭剃りでも肌は想像以上に痛んでいたりするので肌トラブルの予防にもなります。

また、スキンケア関連用品は自分の肌に合う合わないがあるので、違和感を感じたら使用を中止して他の商品に変えてみることも大事です。
あとは爪が伸びすぎていないか、ワキ汗や臭いは大丈夫か、など基本的な所を押さえておけば多分大丈夫だと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました