友情結婚とゲイについて

コラム

ゲイでも家庭が持てる友情結婚とは

はじめに

日本では同性同士の結婚は未だに認められていません。
同性パートナーシップ制度という制度はありますが結婚に近しい処理という程度の制度です。

日本での結婚はあくまでも「異性」相手でしか認められないというのであれば、今のところ同性愛者が日本で家庭を持つためには「友情結婚」しかないと言えるかもしれません。

この記事ではそんな「友情結婚」について見ていきたいと思います。

まず友情結婚とはどんなものか?

友情結婚

友情結婚とはあまり聞かない言葉かもしれませんがどういうものなのでしょうか。

まず普通の結婚は基本的にお互いに恋愛感情があることが前提となります。
「友情結婚」に対する言い方をすれば「恋愛結婚」です。
恋愛感情があるという事はもちろん一緒に生活する中でセックスも行います。

それに対して友情結婚は一言で言うと恋愛感情のない結婚で、お互いに恋愛感情がないということを理解したうえで結婚をします。
どういうこと?って思う方もいるかもしれませんが別に相手のことが嫌いなわけでもないし、困ったことがあれば助け合います。

ただ、二人の間に恋愛感情がないので結婚していても基本的にセックスを行うことはありません。
友情結婚の名前の通り友情関係の発展した形ということでの結婚になります。

友情結婚を行う理由としては生活していく上でのお互いの利害の一致が主な理由となる場合が多いです。
また、お互いの意思で婚姻関係を結んでいるので偽装結婚とはまた意味が違います。

友情結婚を行う人ってどんな人?

カップル

友情結婚はどんな人が行うのでしょうか。
特別な制度というわけではなく、両者の気持ちの問題だけであるので誰でも友情結婚は可能です。

ですがやはり多いのは異性と性行為を行うことができない、同性での結婚が認められていないレズビアンやゲイ、バイセクシャルやトランスジェンダーなどのLGBTの人々やアセクシャル(無性愛)やノンセクシャル(非性愛)といった人々です。

ゲイであればレズビアンと、レズビアンであればゲイとそれぞれが性的な対象でない相手と結婚するという形になります。
理由としては先に挙げた利害関係の一致の他にも世間体や親を安心させたいといった場合もあるようです。

また、かなり少数派のように思える友情結婚ですが一説によると友情結婚しているカップルは割合的に日本の人口の1%ほどはいるそうです。

友情結婚のメリット①セックスをしなくても結婚できる

セックス

例えばゲイでも女性と付き合うことはできるといえばできますが、やはり問題になるのはセックス。
付き合ったり結婚する上ではどうしても避けて通れない問題ですが、同性愛者は同性愛者なので異性が性的対象ではありません。
ですが友情結婚であれば基本的にセックスを必要としないので、そういった悩みに捕らわれることなく結婚して正式に夫婦になることができます。

友情結婚のメリット②恋愛対象がそれぞれ同性なので浮気がない

浮気

友情結婚ではあくまでも友情関係なので結婚していてもお互いが恋人は別にいるという状況が普通にあります。
これって通常の恋愛結婚であれば大問題ですよね笑
結婚ではあっても友情の上に成り立っている物なのでこういうことが問題なくできるんです。
他にも結婚していても住んでいる家は別という別居パターンもあります。

友情結婚のメリット③金銭面でのメリット・社会的信用度の向上

生活費

日本では同性愛者が結婚することはできないため、例えパートナーがいたとしても将来的な生活の不安はやはり付きまとってしまいます。
友情結婚を結婚することで生活の上で様々なメリットが生まれます。

世間からの見る目が変わる、家を買う場合であれば住宅ローンが組みやすくなる、企業によっては家族手当が貰える、他にも社会保険の扶養に入ることができる、所得税の金額が安くなる、などなど社会的に「家庭を持っている一人前の人物」として見られるという点は、ゲイであれば友情結婚でしか実現することができないと言えるでしょう。

友情結婚のメリット④お互いが希望すれば子供を作ることもできる

子供

友情結婚という形ではありますが、夫婦関係にはあるのでお互いが希望すれば子供を作ることもできるのが友情結婚のメリット。

セックスをして作ることもできるし、もしセックスができなくても体外受精という方法で作ることもできます。
同性愛者であっても子供を育てて幸せな家庭を築き、「子供の顔を見たい」という親の幸せを実現することもできます。

友情結婚のデメリット①周りの理解が得られない可能性がある

理解

友情結婚は形式的には普通の結婚と何も変わりはありません。
違うのは二人の気持ちのあり方だけ。

結婚してるけどセックスは一切しない、結婚してるけど家は別々、結婚してるけど恋人がいるなどなどいわゆる一般的な恋愛結婚では問題になるようなことでも友情結婚では全然あり得ることになります。
なので両親や兄弟、友人知人など周囲の人の理解が得られず好奇の目で見られたり、反対されたりすることがあるかもしれません。

黙っていることも一時的にはできるとは思いますが最終的にはやはり苦しくなってしまうはず。
こういった自分たちのスタンスを理解してもらおうという努力と時には諦めも必要になるかもしれません。

友情結婚のデメリット②友情結婚に対する考え方の違いが生まれる可能性

生活

友情結婚とはいってもやっぱり結婚生活。
家事やお金のこと、恋人のことにセックスのことなど生活に関することは色々とルールを決めておくことが大切です。
求める生活スタイルが違ったということで失敗するケースも度々見られます。

一緒に生活していく上で考え方というのは時間と共に変わってきたりもするものなので、時々生活についてや子供についてなどのルールについて再確認する時間を持つというのも友情結婚とは言っても必要になってくるかもしれません。

まとめ

まとめ

いかがだったでしょうか。

友情結婚と簡単に言ってもやはり困るのは相手探し。
「一体どうやって相手を探すんだろう?」ってなりますよね。

探し方としてはSNSのコミュニティや友情結婚を専門に扱ったサイト、他にも友情結婚を専門に扱う結婚相談所といったものがあるので興味のある方は調べてみるのもいいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました