男性同士が楽しむいわゆるハッテン場、行ってみたいけどマナーとかある?

LGBT向けスポット

ハッテン場でのマナーやルールはある?

はじめに

ハッテン場。

ゲイなら一度は行ってみたい場所だと思いませんか?
だけどどんなところかわからないしちょっと不安・・・そんな人のためにハッテン場におけるマナーやルールをこの記事でご紹介します!

その前にまずハッテン場とは

発展

その前にまずハッテン場とは
ハッテン場というのはその言葉の通り「発展」する場所という意味。この場合の発展とは見ず知らずの関係からあんなことやこんなことになることを言います。

サウナや公園やトイレなどが代表的なハッテン場で、屋内の場合も屋外の場合もあります。そういった場所も別に「ハッテン場」として決まってたりするわけではなく、情報源は口コミがメインになります。ネットで検索してみるとたくさん出てくるので一度探してみましょう!

他にもゲイ同士の出会いの場として初めから用意されたヤリ部屋とも呼ばれる有料のハッテン場もあります。

屋外ハッテン場の注意点

公共の場所

公園にしてもトイレにしても基本的に公共の施設です。

となるとそういった場所でハッテン行為を行うのは一応迷惑行為に当たります。
公然わいせつ行為ではありますが、露出狂などの明らかな被害者がいるケースとはまた違うので、もし通報されたり見つかったりしても多くの場合は厳重注意で済むかと思われます。

ですが一応、一応ですが公然わいせつ罪は「六ヵ月以下の懲役若しくは30万円以下の罰金」という罰則があるので覚えておきましょう。

どうやったらハッテンできる?

どうやって

ハッテン場に行っても「ハッテンしませんか?」と聞くことはあまりありません。
ではどうするかといえばアイコンタクトです。

「タイプ!」と思った人は見つめてしまうし、こちらも見つめてしまいますよね?
なのでお互いの視線が合って見つめ合ったら一つのOKサインというのがあります。
なんとも思わない相手と見つめ合うことってないですよね。
例えば街中でも「かっこいい!」と思った人は見てしまうけどなんとも思わない人はわざわざ見ないもの。

見つめてきた相手は自分に好印象を持っていると思って間違いないでしょう。
もちろん絶対ではないのでそこは雰囲気と合わせて判断しましょう!

サウナで左足にロッカーのキー

キー

これは全国的によく言われる説でもあります。

ひと昔前まではかなり浸透していたサインだったようですが最近ではそこまで有力な説でもないようで、ハッテン目的のゲイでも他の所に付けていたりします。
ストレートの人でもそういう説を知らずに左足に付けてる人は全然います。

右耳のピアスもゲイの証という説もありますが、ゲイじゃなくても右耳にピアスをしている人はたくさんいるような感じですね。

あまり信用しすぎないで頭の片隅に置いておく程度にしておくのがいいと思います。

その場所特有のルールがある場合もある

ルール

例えば右手にキーを付けているとタチ、左手ならネコ、足に付けていればリバなどそのハッテン場ならではのサインがある所もあります。

これはそのハッテン場によったりもするのでしっかり確認しておきましょう。
お店のWebサイトに載っている場合もあります。

タイプにあったハッテン場を選ぶ

タイプ

有料ハッテン場には店によって色々なコンセプトがあったりします。

ガチムチ系、ジャニ系、短髪や坊主などの外見的なものから見せ合いや責め合い系、フェラチオ系にSM系などプレイまで様々。
そういった外見以外の人は入店できない店もあるので事前に確かめておきましょう。

また、ドレスコードがある店も多いです。
ボクサーパンツやふんどしやタオルやケツワレ(ジョックストラップ)などこちらも様々なので要確認です。
曜日によってドレスコードが変わる店もあります。

他にも年齢層を指定しているお店もあったりなど好みによって細分化されているので、自分に合ったお店を選びましょう!

話す時は小さな声を心がける

小さな声

ハッテンしている人もいるので何か話すときはなるべく小さな声でプレイ中の人の邪魔にならないようにしましょう。
大きな声で話されていては気が散ってプレイに集中できません。

コンドームは必ず持っていく

コンドーム

有料ハッテン場の場合ゴムは無料で用意されている場合もありますが、一応自分でも持っていくことをおすすめします。
特にサウナ系は持参必須です。

ハッテン場はどんな人とプレイすることになるかわかりません。
相手が病気を持っていないとは限らないのでリスクヘッジは必須!

また、ハッテン場によっては生率が高い場所もあるので事前にお店の情報をネットで検索してリサーチしてみるのもおすすめです。

他にも持っていくといい物

アイテム

ローションもバックプレイには必須。
お店によっては用意されている場合もありますが一応自分でも持っていきましょう。

他にも衛生面でうがい薬やネコの場合は浣腸も持っていけば相手にも好印象、さらに気持ちのいいプレイが楽しめます。

まとめ

まとめ

いかがだったでしょうか?

有料ハッテン場の場合はそこ特有のポジションアピールなどのルールを確認しておく、初めて行く場所やサウナや屋外の場合はコンドームとローションは必ず持参する、ということあたりが特に大事なような気がします。
特にコンドームはHIVのリスクを最小限に抑えるためにも最重要!

せっかくゲイなんだしいつ規制されるかわからないし、マナーやルールを守って一度は行ってみるべきなんじゃないかなと思います!笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました