同性愛でもそうでなくても楽しめる、おすすめゲイバーの情報(歌舞伎町)

LGBT向けスポット

同性愛者じゃなくても楽しめる新宿二丁目のゲイバー

はじめに

ゲイバーってどんなところ?一回覗いてみたい!という好奇心旺盛な人もいるんじゃないでしょうか?
いや、います。

「でもゲイバーってゲイしか行っちゃダメなんでしょ?」そんなことはありません!
確かにゲイだけしか入店お断りなお店や会員制のお店もあるんです。

この記事ではそういった誰でも楽しめるゲイバーを紹介します!

ゲイバーの種類

バー

ゲイバーは大きく分けて三種類のタイプがあります。

メンズオンリー
ゲイしか入れないゲイオンリーのガチなゲイバー。
スタッフもゲイならばお客さんもゲイです。

ミックスバー
ゲイでもゲイじゃなくても女性でも入れる性別や性的嗜好を問わないゲイバー。

観光バー
ゲイのスタッフがノンケのお客さんを楽しませるタイプのバー。

ノンケの人が普通に入れるのはミックスバーと観光バーになりますね。
最初はやっぱり入りにくかったりもするので友達と一緒に行くのもいいかと思います。
数名用のテーブル席が用意されている店もあります。

新宿二丁目とは

新宿二丁目

新宿二丁目といえばゲイの聖地にして日本最大のゲイスポット。
この地域にはゲイバーやレズビアンバーなど何百件あるのかわからないぐらいのたくさんのLGBT系のバーが軒を連ねています。

昔はちょっと怖い場所というイメージもありましたが最近ではそういったマイナスイメージも薄れて観光客や同性愛者ではないお客さんも多くなっています。

そんな膨大な数のゲイバーの中から初心者でも行きやすいおすすめゲイバーを紹介します!

まずはゲイバーのシステム

料金システム

システムと言ってもまあ特別なことはこれといってありませんが基本的にはセット料金(チャージ)とお酒代と言うところが多いようです。
セット料金には氷や炭酸水などの料金も含まれていてお店にもよりますが、だいたい2000円~3000円ぐらい。
他にもチャージ(席料)だけだったり、飲み放題だけだったりというお店もあります。

支払い方法は退店時に支払う後払いのお店が多いですが、「キャッシュ・オン・デリバリー」と言って注文の都度お金を払うシステムのお店もあります。

という感じで支払いに関しては特別高額なお金がかかるということもないので安心です。

ボトルを入れた場合も普通にボトル代+セット料金(チャージ)となります。
料金はお店やお酒にもよりますがだいたい普通のもので4000~6000円ぐらいだと思います。

MARROAD

ということで前置きはこれぐらいにしてお店の紹介です!
まずは二丁目で40年以上営業している老舗のMARROAD(マロード)。

ここはミックススタイルのバーでチャージやセット料金的な物はなし。
2時間飲み放題プラン3000円というのもあってゲイバー初心者にはかなりハードルが低く入りやすい人気のお店。

ここのママの麻梨亜さんは以前にTVチャンピオンの「ニューハーフ料理名人選手権」で2年連続優勝をしているということもあっり料理の方も絶品!

大人数用のシート席もあるのでグループで行くこともできるのも行きやすくていいですね。

Bench(ベンチ)

マツコ・デラックスと村上信五(関ジャニ∞)のテレビ番組「月曜から夜ふかし」で有名になったゆっこママがいるお店。
生で「お疲レーシック 角膜ぺりぺり」「おつカレンダー 日めくりペリペリ」といったネタが聞けるかもしれません笑

ここもミックススタイルのバーで、ゆっこママ目当てで観光客もたくさん訪れるので初心者もかなり入りやすい雰囲気。
飲み放題プランもあるのでおすすめです。

お店ではゆっこママのTシャツも販売されているのでお土産にでも買ってみてはいかがでしょうか?笑

ゲイバーアゲハ

メディアにも多く取り上げられイケメンも多いゲイバーがアゲハ。
ミラーボールがあったり照明が凝ってたりなど店内はかなりおしゃれで女性でも入りやすい雰囲気。

カラオケもあって大人数用のテーブル席もあるのでグループでの来店も大丈夫なので1人で行く勇気がなくてもOK!
料理やドリンクも充実でスタッフもイケメン多め。
お店も公式サイトもあるので料金など気になる方はチェックしてみましょう。

BAR STRESS(ストレス)

20代の若いスタッフが中心のゲイバーでここもミックスです。
イケメンが多いお店でママの流星さんもイケメン。

毎週木曜日には3000円で焼酎、ビール、カクテルなどが飲み放題のプランもあってしかも時間無制限!
スタッフとのトークも楽しくてカラオケもあるのでまさにストレス解消にぴったりなお店です。

ひげガール

テレビなどのメディアでも度々紹介される有名ゲイバーというかおかまバーがここひげガール。
マンガから出てきたような強烈なオネエさんたちがあなたを出迎えてくれます笑

ここももちろん誰でも入店OKのお店で毎週火曜日~土曜日には19:00からと22:00から行われるショータイムも大人気!
料金的にはハウスボトル飲み放題の6250円が基本のプランになります。
ぐるなびにも掲載されていて色々とクーポンもあるので使ってみるのもおすすめです。

パッチワーク


入り口のドアが常に開いている路面店なので入りやすいバーがパッチワーク。

店主はノンケだそうですがお客さんのセクシュアリティーは様々でしかもチャージがかからないのでフラッと入ることもできます。
厳密にはゲイバーじゃないかもしれませんがいいお店なのでまあいいでしょう笑

プラチナ

タレントとしての活動もされているやすこママがいるお店がここ。
女性もノンケもOKなアットホームな雰囲気でやすこママが人生相談や恋愛相談にも乗ってもらえます。

一説によるとIKKOが発祥とされるもはや今となっては懐かしい「どんだけ~」のオリジネイターはこのやすこママらしい笑

flik flak(フリック フラック)

1999年オープンで20年以上営業を続けるどっちかと言えば老舗になるバー。

白を基調とした店内はボックス席が充実していて一人でもグループでも楽しく過ごすことができます。
19時からハッピーアワーも開催しているのでその時間帯に行けば生ビールとグラスワインを500円で飲むことができます!
カラオケやWi-Fiもあり。

まとめ

まとめ

いかがだったでしょうか?

ゲイであれば是非、ゲイでなくともゲイバーは楽しい場所なので一度は行ってみることをおすすめします!
間違いなく言えるのは別に怖い場所ではないということ!

最初は勇気がいるかもしれませんが、ゲイということもあってトークが面白い人も多いので帰るころにはきっと笑顔になっているはずです笑


コメント

タイトルとURLをコピーしました