メディアではわからない、ゲイが知って欲しいゲイのホンネ

Uncategorized

メディアで取り上げられるゲイだけがゲイではない!

はじめに

テレビで頻繁に見かけるオネエタレント、日本最大のゲイタウン新宿二丁目への観光客の増加などゲイの認知度も以前とは比較にならないぐらい高まってきています。

がしかし、実際自分の周りにゲイがいると思って生活している人ってなかなかいません。
ノンケの人にとってゲイに関する情報というのはテレビだったり雑誌だったり、そういったメディアに取り上げられている物しかありません。

それはそれでいいんですがそれ以外の部分でもゲイは色んな事考えています。
この記事ではそういったメディアだけではわからないゲイの本音を紹介してみたいと思います。

別に女性が嫌いなわけではない

女性

わりと勘違いされることの一つにゲイは恋愛対象が男だからといって女性が嫌いなわけではありません。
女性に対して性的な気持ちを持つことがないというだけで、女性の友達は全然できます。

ノンケ男性も恋愛対象が女性というだけで男性が嫌いなわけではありません。
男性が恋愛感情や性的興奮関係なしに女性の女性のとして生き方や振る舞いを素敵だと思うことだって別におかしなことではないですよね。

不快な人は男性でも女性でも不快だし、女性に対して恋愛感情は湧かないというだけであって特に女性が嫌いというわけではないんです。

会社の飲み会が苦手

飲み

ゲイは会社の飲み会が苦手。
飲み会というのはお酒が入って普段そこまで仲良くない人とでもプライベートな話になったりします。

特に恋愛関係の話は最大のストレス。
「彼女いるの?」「結婚願望あるの?」など女性関係に関する話はなるべく振られたくありません。
が、飲み会となると間違いなく話題になるテーマ。
「男性=恋愛対象は女性」とは限らないんですよ!と言いたいところなんですが、会社でカミングアウトするのもそれはまたハードルの高い話。

かと言って毎回断っていても付き合いの悪い奴と思われるのもなんか嫌だし…と、ゲイは会社の飲み会には悩みが絶えません。

ノンケとの恋愛トークがストレス

トーク

先にも書きましたがカミングアウトしていないゲイは恋愛トークを振られるのが苦手。
「いや、僕はゲイです」と本当のことを言うわけにもいかず、振られたら何か返さなきゃいけない。

ではそういう時そうやって乗り切るか?というと、あらかじめ設定を考えておきます。
パートナーがいればその人をイメージしながら女性という設定に置き換えて話したり、全然モテなくて彼女いないという設定を作っておいたりしてなんとか辻褄を合わせようとします。

もうめんどくさい以外の何物でもありません笑
ごまかすのも自分はゲイと言ってやれないのもめんどくさい。

ゲイであることがもっとびっくりされなくなる世の中が早く来てほしいものです。

職場で気になる人がいると辛い

職場

同僚にちょっといいなぁと思う人がいたりした場合ゲイはちょっと辛い気持ちになります。
職場でカミングアウトしないのであれば、相手も偶然ゲイでない限りその恋は絶対に叶いません。

ノンケのありがちな出会いのシチュエーションの一つである「職場での出会い」がゲイには基本的にないんです。
なのでうっかり同僚を好きになってしまうとほとんど毎日顔を合わせる場所だけに辛い。

ノンケを好きになってもいいことないのでほとんどのゲイはノンケに恋愛感情を持たないように気を付けてますがタイプのイケメンだったりしたらわからないもんです笑

ゲイはオネエだけじゃないんです

女装

テレビの影響でゲイ=オネエと思っている人が多いんですが全然そんなことないんです。
ゲイはゲイでも女装×ゲイという一つのカテゴリーに所属しているというだけ。
別にゲイでなくても女装が趣味の人っていますよね、それと同じです。
「女装していること」と「ゲイであること」というのはまた別の話で、ゲイがたまたま女装趣味だっただけの話になります。

口調もゲイだからといってオネエ口調ということもありません。
ロリ巨乳がまずロリありきのように、オネエ口調はゲイというよりもカテゴリー的には女装寄りになるんじゃないでしょうか。

ほとんどゲイはゲイって言わないとゲイだとわからない感じの見た目もキャラも普通の人が多いです。
あとついでにゲイだからコメントが辛口ということもありません笑

別に男だったら誰でもいいわけじゃないんです!

襲う

ゲイはタイプの男性だったら誰でも見境なしに襲う的なイメージを持ってる人もいるかもしれませんが全然違います!

ゲイとノンケ、根本的に性的指向が違うということはもし好きになっても絶対にその恋愛は成就しないことはわかっているのでそんな簡単に好きにならないように多くのゲイは気を付けています。
「絶対に叶わない」のに好きになっても結局いちばん辛いのは自分。
なので結論から言うと襲ったりしません。

あと特にゲイは「ガッチリしてる人がいい」「イケメンじゃないと嫌」など外見にうるさい人が多いです。
「俺狙われてるの?」みたいに言う人はそもそもタイプじゃないことも多いんで大丈夫!笑

ゲイだから女性の気持ちがわかると思われがち

女性

これは恋愛対象がどちらも男性ということなどでそう思われがちですが実際はそこまででもありません。

「男性として男性が好き」なことと「女性として男性が好き」はやっぱり違います。
ゲイは男性目線で男性を見ますが女性は女性目線で男性を見ます。
女性の友達が多いゲイであればその女性目線がある程度わかったりもしますが、特にそうでないゲイの場合は結構わからなかったりもします。

例えば恋愛対象が女性であるノンケの男性の人でも、同じように女性が恋愛対象であるレズビアンの女性の気持ちはなかなかわからないと思うので、それと同じことですね。

まとめ

まとめ

いかがだったでしょうか。

結構こういうことって多くのゲイに共通してたりもするのでゲイあるあるかもしれません。
言いたいことがあってもなかなか言う場がないのがカミングアウトしていないゲイの辛いところです。

特にテレビ的なイメージで見られるのは辟易してたりイラっとする人も多いので誤解しないように気を付けましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました